女神土偶 2016年7月15日

c0069380_1353469.jpg
c0069380_13532695.jpg
c0069380_13535122.jpg


縄文ファイル最新号のつづき。

今年、1月東京の朝日新聞社読者ホールで

開かれた東京縄文塾での坂井眞理子さんの

お話が、載っていた。

画家の坂井眞理子さんは、女神土偶と名づけて

各地の縄文土偶をスケッチして歩いた。

代表的なものは・・・

まず、東京国立博物館でみた遮光器土偶。

この土偶との出会いが、大きなインパクトを

与えたという。

「こんなすごいものを作った日本人の血が

私の中にも流れているのだと思うと、

私も頑張ろうという強い力がわいてきた」という。

2番目は、長野の縄文のビーナス。

「大地のすごいエネルギーや、宇宙から飛んでくる

神秘のようなものを5000年の間、ずっと受けてきたのでは

ないか、そんな得体の知れない不思議さと神秘を

この女神土偶はもっている」という。

そして、山形の女神土偶。

筋肉質で、男性っぽい魅力があるという。

さすが芸術家の感性は、

土偶の魅力を見事に捉えている。



お読みいただいた記念にランキングをクリックしてください。
人気blogランキングへ




[PR]
by kitanojomonjin | 2016-07-15 13:54 | 縄文 | Comments(0)