縄文時代にクリが使われた理由 2005年8月28日

c0069380_18363293.jpg


三内丸山遺跡では、膨大なクリの花粉が出土している。
このことと、クリのDNAの分析から、三内丸山では、
クリが栽培されていたと考えられている。

さらに、巨大木柱や大型住居の用材は、ほとんどクリが
使われているという。

なぜクリなのだろうか。

クリは、鉄道の線路の枕木に使われるほど硬い木である。
よりによって、なぜクリなのだろうか。

この疑問に見事に答えてくれた本を最近読んだ。
藤森照信さんの「人類と建築の歴史」という本である。

なぜ比較的柔らかいヒノキやをスギをつかわず、硬い
クリだったのか。

それは、いつに、道具によるのだという。
縄文時代の磨製石斧では、クリが最もよく切れたという。
ヒノキやスギの針葉樹は、弾力があって切りにくかった。

後に出てくる鉄器では、全く反対だったという。
鉄器では、ヒノキやスギが最も切りやすく、クリは、
難しかったという。

なるほど、そういうことなのか。
非常に説得力のある話である。

いずれにしても、食用でも、用材としても、クリは、
縄文を代表する植物だったといえる。


お読みいただいた記念にランキングをクリックしてください。
人気blogランキングへ
[PR]
Commented by せいさく0319 at 2005-08-28 16:09 x
せいさく0319と申します。
掲載されている日記を興味深く拝見させていただきました。事後の御連絡となりましたが、当方の記事にリンクをはらせていただき、日記を紹介させていただきました。

リンクをはらせていただいた件について、何か差しさわりがございましたら、その旨、御連絡ください。何分、ブログ初心者なもので、ご容赦ください。

また、よろしければ、今後とも、そちらのサイトを拝見させていただくつもりです。よろしくお願いいたします。

せいさく0319 
サイト名 気になるブログ10件
mail:noguchi0319@mail.goo.ne.jp 
http://plaza.rakuten.co.jp/kininaruburogu10/
Commented by チャグまま at 2006-08-01 00:44 x
NHKラジオで小林達雄氏の『縄文人の世界観』を大変興味深く聞きました。
そのとき思い出したのがこのブログです。
改めて読み直しました。縄文時代1000年。社会科の教科書には載らない、こんなに豊かな世界があったことが信じられないくらいです。
まさにドリームの世界です。
by kitanojomonjin | 2005-08-26 18:37 | 縄文植物を育てよう | Comments(2)