ハービー・山口さん 2016年6月15日

c0069380_15112365.jpg


今年、66歳になる写真家で、エッセイストの

ハービー・山口さんのお話を

先日、ラジオで聞いた。

印象に残ったのは、

「自分をさびつかせるな」

「いのちある限りオリジナル」

「やりたいことをやれ」

というポジティブ・シンキングな発言である。


たしかに、「自分をさびつかせない」ということは、

たいせつなこと。

そのために、あらゆるあがきをしながら、

可能性を探っていくこと。

それが、生きていくことなのかもしれない。



お読みいただいた記念にランキングをクリックしてください。
人気blogランキングへ




[PR]
by kitanojomonjin | 2016-06-15 15:16 | 人生 | Comments(0)