広島へのメッセージ 2016年6月1日

c0069380_17433592.jpg


オバマ大統領が、広島を訪ねて以来、

広島へのメッセージが、注目されている。


バーバラ・レイノルズという女性の

次のような広島へのメッセージを知った。

I am also a Hibakusya.

(私もまた被爆者です。)

20世紀の原爆の被害は、

20世紀の人間共通の問題だという意識が伝わってくる。


アメリカ人の彼女は、1951年、夫とともに、広島を訪ね、

原爆被害者の実情に、深く心をうごかされ、

平和運動にのめりこんでいく。

後に、広島名誉市民に序せられた。


「I am also a Hibakusya.

(私もまた被爆者です。)」

という言葉に続いて、

「私の心は、いつも

ヒバクシャ

ヒロシマ

とともにあります。」

ということばが、刻まれた彼女の顕彰碑が

広島に建てられているという。

深いことばである。

いつかその碑を訪ねてみたい。



お読みいただいた記念にランキングをクリックしてください。
人気blogランキングへ




[PR]
by kitanojomonjin | 2016-06-01 17:56 | この国のかたち | Comments(0)