本屋の神様 2016年3月4日

c0069380_12551224.jpg


先日の毎日新聞に、

1万円選書というユニークな企画で、

本屋のピンチを切り抜けた話が

載っていた。(2016年3月2日付)

1万円選書というのは、顧客にあった1万円分の本を

送り届けるというもの。

事前に、アンケート用紙に関心事や読書歴、仕事内容を

書いてもらう。

北海道・砂川市の岩田徹さんが9年ほど前からはじめた。

アンケートに「もっとゆとりがほしい」とあれば、

「すぐに役立たなくても、人生が味わい深くなる本」を選ぶ。

しかも、選書に、心をこめた手紙を添える。

この試みが、大ブレークした。

何度も、廃業の危機をともにした奥さんは、

「本屋の神様がいた」と感激したという。


岩田さんが、父親の書店を継いだ背景には、

幼いときの本の思い出があるという。

岩田さんが暮した三菱美唄炭鉱の長屋では

毎月、父親が買ってくる子ども向け雑誌に

歓声を上げたという。


たかが本、されど本である。

本は、人生の道しるべとなったり、

忘れられない思い出になったりするのである。


お読みいただいた記念にランキングをクリックしてください。
人気blogランキングへ




[PR]
by kitanojomonjin | 2016-03-04 13:17 | 人生 | Comments(0)