広がる「子ども食堂」 2016年2月9日 

c0069380_144585.jpg
c0069380_1451729.jpg


先日、関西の女性が、ぽつんと

こんなことをつぶやいた。

「少し、時間ができたら、

子ども食堂をやってみようかしら。

うちの周りに、ごはんが食べられない子どもが、

けっこういるのよ。」

この飽食の時代に、

そんな馬鹿なとおもって、

そのままにしていた。


ところが、きょうの東京新聞に

関連記事が載っていた。

「おなかがすいた。

きのうから何も食べてないもん」

「お母さんがうつ病でご飯がつくれない」

「毎日二食で、カップラーメンとコンビニのおにぎり」



子どもの貧困率は、16.3パーセント。

過去最高であるという。

母子家庭の8割で母親が働き、

半数はパートやアルバイト。

経済的困窮は、子どもの生活そのものを

危機に陥れている。


子ども食堂は、全国各地に相次いで誕生しているという。

首都圏では少なくとも32ヵ所あり、

半数が昨年中に開設したという。

子ども食堂は、意外に広がりつつあるのだ。

知らなかった。



お読みいただいた記念にランキングをクリックしてください。
人気blogランキングへ




[PR]
by kitanojomonjin | 2016-02-09 14:18 | この国のかたち | Comments(0)