おにぎりのお母さん・佐藤初女さん 2016年2月5日

c0069380_1251745.jpg


2月1日、弘前在住の佐藤初女さんが

お亡くなりになった。

94歳だという。

岩木山の麓で、

生き方に迷った人々の駆け込み寺とも言うべき

「森のイスキア」を主宰した。

尋ねてきた人たちに、

みずから手づくりのおにぎりを食べさせて、もてなした。

いつしか人々は、いやされ、こころが落ち着く。

「おにぎりのお母さん」とも言うべきひとだった。

映画「地球交響曲」にも出演し、その飾らぬ人柄で、

人々の心を打った。


以前、ご本人の話をラジオで聞いたことがある。

詳しいことは忘れたが、

キリスト教に帰依したのは、

昔かたぎの厳しい家族環境にあったとか。

大正期の津軽の風土が、彼女に新しい道を踏み出させた。


それにしても、津軽のこころともいうべき、

すばらしいひとを失った。

残念である。



お読みいただいた記念にランキングをクリックしてください。
人気blogランキングへ




[PR]
by kitanojomonjin | 2016-02-05 13:00 | 人生 | Comments(0)