井上ひさしさんのことばの力 2015年12月25日

c0069380_1319045.jpg


井上ひさしさんの圧倒的なことばの力を

感じさせられるのは、

以前、このブログでも紹介した釜石小学校校歌である。

作詞は、井上ひさしさん。

作曲は、宇野誠一郎さん。

ひょっこりひょうたん島のコンビである。

こんな校歌である。

「いきいき生きる いきいき生きる

ひとりで立って まっすぐ生きる

困ったときは 目をあげて

星を目あてに まっすぐ生きる

息あるうちは いきいき生きる


はっきり話す はっきり話す

びくびくせずに はっきり話す

困ったときは あわてずに

人間について よく考える

考えたなら はっきり話す


しっかりつかむ しっかりつかむ

まことの知恵を しっかりつかむ

困ったときは 手を出して

ともだちの手を しっかりつかむ

手と手をつないで しっかり生きる」


東日本大震災のとき、この小学校の体育館に

避難した人たちは、かたすみに張り出された

この校歌に元気付けられ、

しだいに口ずさむようになったという。

奇しくも、井上さんがゆかりの小学校のために

つくった校歌が、震災の被災者の大きな応援歌に

なったのだ。

つくづくことばの力の偉大さを感じさせられるエピソードである。



お読みいただいた記念にランキングをクリックしてください。
人気blogランキングへ




[PR]
by kitanojomonjin | 2015-12-25 13:28 | 人生 | Comments(0)