井上ひさしさんの色紙 2015年12月24日

c0069380_12454088.jpg


先日、神保町の放心亭に行った。

ドイツ・ビールがうまい。

壁際に、ずらりと、作家の色紙が並んでいる。

同じビルの三省堂本店で、サイン会を開いた

流れで、この店に繰り込んだとき、描いたもののようである。

その中に、井上ひさしさんの色紙があった。

こんな一文が書かれていた。

「得意泰然

失意平然」

なんとなく、クスッと笑いたくなる。

井上さんらしい文章である。

人生、得意と失意の繰り返し、

あんまり悩まないでという意味か。


この感じ、どこかで見たことがある。

そうだ!ひょっこりひょうたん島の歌詞の気分と

似ている。

「丸い地球の水平線に

何かがきっと 待っている

苦しいことも あるだろさ

悲しいことも あるだろさ

だけど ぼくらは くじけない

泣くのはいやだ 笑っちゃおう」


ちなみに、今年も

4月9日(土)10日(日)

山形県川西町で、井上さんをしのんで、

「吉里吉里忌」が開かれるという。




お読みいただいた記念にランキングをクリックしてください。
人気blogランキングへ




[PR]
by kitanojomonjin | 2015-12-24 13:00 | 人生 | Comments(0)