東京湾のセシウム 2015年12月13日

c0069380_1444631.jpg
c0069380_1441671.jpg


先月、福島から帰ってきたあと、

東京新聞に、東京湾のセシウム調査の記事が載っていた。

(2015年11月13日付)

東京新聞の記者と学者が定期的に

調査しているという。

結果は、東京湾に注ぎ込む河川の河口部の

セシウムが、高止まりしているという。

とくに、千葉の花見川では、最大878ベクレルの値を

観測した。

これは、福島第一原発事故由来であるという。


除染のために、土を剥ぎ取ることも重要だが、

海や地中に残留する放射性セシウムなどの

汚染を地道に、計測することは、さらに重要なことだろう。

人間および生き物が、生活できる環境を維持するためには。


それにしても、4年半たっても、福島第一由来の汚染が、

東京湾に継続しているというのは、

ショックである。




お読みいただいた記念にランキングをクリックしてください。
人気blogランキングへ




[PR]
by kitanojomonjin | 2015-12-13 14:19 | この国のかたち | Comments(0)