谷村新司のサライ 2015年12月11日

c0069380_13082548.jpg
ラジオで、サライという歌を聞いた。

作詞・谷村新司 作曲・弾厚作(加山雄三)

「動き始めた汽車の窓を

流れてゆく景色をじっと見ていた

サクラ吹雪のサライの空は

哀しい程 青く澄んで胸が震える」


何度も、サクラ吹雪が登場し、

5番の歌詞が圧巻だ。


「離れれば離れる程なおさらにつのる

この思い 忘れられずにひらく古いアルバム

若い日の父と母に包まれて過ぎし

やわらかな日々の暮らしをなぞりながら生きる」


ちなみに、きょう12月11日は、谷村新司の67歳の

誕生日だという。

お読みいただいた記念にランキングをクリックしてください。
人気blogランキングへ




[PR]
by kitanojomonjin | 2015-12-11 13:17 | 人生 | Comments(0)