相馬港の伝承鎮魂祈念館 2015年11月21日

c0069380_16131652.jpg
c0069380_16123329.jpg
c0069380_16120287.jpg
相馬港にある「伝承鎮魂祈念館」を訪ねた。

平成27年4月1日にオープンしたばかりだという。

中に入ると、独特の雰囲気に包まれている。

無理もない。

「相馬市の原風景を後世に残し、

遺族の心の拠所としていく」ために、建てられたものだという。

単なる記念館ではないのだ。

「伝承鎮魂祈念館」という名前にも、その思いが

こめられている。

一番、印象に残ったのは、展示していた膨大なスナップ写真である。

行方不明の人々の生前の楽しそうな表情が

残されている。

この地域では、東日本大震災の津波で、

458人の命が、奪われたという。

行方不明者の写真が、引き取られずにあるということは、

家族ぐるみで被害にあったということを

物語っているのだろうか。

祈念館の外に、ブランコが赤さびたまま残っていた。

お読みいただいた記念にランキングをクリックしてください。
人気blogランキングへ








[PR]
by kitanojomonjin | 2015-11-21 16:27 | この国のかたち | Comments(0)