寅さんのサイン 2015年10月17日

c0069380_15460360.jpg








c0069380_15463015.jpg








映画「男はつらいよ」の主役、寅さんこと、渥美清の珍しいサインを見つけた。

めったに、渥美さんはサインしないといわれる。

岩木山のふもと、嶽温泉の小島旅館が所有して、展示していた。

「男はつらいよ」第7作・奮闘編の現地ロケのとき

ロケ隊一行は、この小島旅館に泊まり、その縁でもらったサインだという。


「男はつらいよ・奮闘編」は、1971年4月に封切られた。

マドンナ役は、榊原るみ。

集団就職で、中京の紡績会社に働きに来たが、仕事についていけない。

彼女が、三島のラーメン屋で、ラーメンをすすっている。

ラーメン屋の主人を柳家小さんが、演じていた。

演技にも、渋くていい味を出していた。

榊原るみの出身地は、青森県の日本海側のまち・鰺ヶ沢という想定。

たどたどしい津軽弁が初々しかった。


奮闘編では、寅さんが、人生をはかなんで自殺したのか?というシーンが出てくる。

「男はつらいよ」シリーズの中では、きわめてユニークである。

寅さんからのはがきを受け取った妹のさくらは、

心配で、いてもたってもいられず、

津軽に駆けつける。

そこで、あっけらかんとした寅さんのタンカバイが聞こえ

さくらも、映画をみているわれわれも、ほっとすることになるのだが。



現地ロケから、もう40年以上経っている。

津軽も大きく変わった。

いろんな感慨を持ちながら、小島旅館に飾られた

寅さんのサインとロケの記念スナップを見た。

お読みいただいた記念にランキングをクリックしてください。
人気blogランキングへ






[PR]
by kitanojomonjin | 2015-10-17 16:02 | 岩木山 | Comments(0)