福井・到着 2015年9月30日

c0069380_11345498.jpg







新・平成の伊能忠敬という万歩計を始めて、

ちょうど3年半。

東京を出発して、時計と反対回りに、日本列島の海岸線を歩き、

北海道をクリアして、日本海岸を南下、

先日、福井県に到着した。

福井といえば、道元の永平寺で有名だ。

永平寺ほど知られていないが、宝慶寺という古刹も、ぜひ

訪ねてみたい。

道元が中国で修行中に出会い、道元を慕って来日した

寂円という僧侶のひらいた寺である。

作家の司馬遼太郎さんが、街道をゆく「越前の諸道」で

絶賛していた小ぶりながら風格のある禅寺である。

あと、福井は、三国湊を拠点に、多くの物資が

北前船で、津軽や北海道にもたらされた。

津軽の人間にとっては、福井は、こころの距離としては近い。

いつか訪れて、じっくり散策してみたい場所である。

とりあえず今は、自分の分身が、てくてく歩いていることを

想像するにとどめておこう。

お読みいただいた記念にランキングをクリックしてください。
人気blogランキングへ





[PR]
by kitanojomonjin | 2015-09-30 11:47 | 旅の街角から | Comments(0)