太宰治のトカトントン 2015年8月1日

c0069380_859895.jpg


太宰治が、戦後発表した短編に、

「トカトントン」というのがある。

ラジオで、敗戦を知り、

死のうと思うと、

金槌でくぎを打つ音が

「トカトントン」と聞こえる。

そのあと、この「トカトントン」という

幻聴に悩ませられる。

それは、敗戦に至る道を検証しないまま

戦後の復興につきすすむ風潮を

嘲笑っているようでもあり、

一度挫折した人間の自己不信の通底音のようでもある。

なによりも、音が主役という点が、ユニーク。

じつに、不思議な、そして、気になる短編である。

作家の島田雅彦さんが、きょうの

毎日新聞で考察していた。(毎日新聞2015年8月1日付)

「玉音放送」公開の記事と並んでいるのも、

示唆的だった。



お読みいただいた記念にランキングをクリックしてください。
人気blogランキングへ





[PR]
by kitanojomonjin | 2015-08-01 09:14 | この国のかたち | Comments(0)