歴史と私 2015年6月8日

c0069380_12050038.jpg
歴史学者の伊藤隆さんの「歴史と私」を読んだ。

日本の近現代史の史料を探し、とことんこだわる姿勢は、徹底している。

岸信介、後藤田正晴、竹下登など重要人物の証言インタビューも

こなしてきた。

その秘訣は、これぞとねらった人物には、

あきらめずに、アプローチし続けることだという。

最初、断られても、毎年、年賀状に、

「そろそろいかがですか?」

と書き続け、10年・20年かけて、じっと機会を待つ。

80歳を越えているのに、そのタフネスさは、凄い。

ひさびさに、元気をもらった本である。

お読みいただいた記念にランキングをクリックしてください。
人気blogランキングへ




[PR]
by kitanojomonjin | 2015-06-08 12:16 | 人生 | Comments(0)