マグリット 2015年5月29日

c0069380_12110632.jpg
乃木坂の国立新美術館で、「マグリット」展を

見てきた。

空は晴れて、白い雲がただよっているのに、

家の周りは、街灯がついて、夜である。

 マグリットらしい世界である。

随分以前、ベルギーのブリュッセルの

王立美術館で、マグリットの作品群を見たことがある。

そのとき初めて、マグリットは、ベルギー人だ

ということを知った。

シュールリアリズムの画法で、だまし絵のような

画の印象ばかりが強かったが、

今回の展覧会は、おいたちを追って、

画風がかわるのをていねいに紹介している。

なにか現代人の孤独を感じさせられるのは、

幼いとき母親が自殺したことも、影を落としているのだろうか。

マグリットの世界が、意外に、懐かしく感じられる。

21世紀の現代人の世界は、さらに遠くへ来ている

のかもしれない。

お読みいただいた記念にランキングをクリックしてください。
人気blogランキングへ






[PR]
by kitanojomonjin | 2015-05-29 12:22 | 旅の街角から | Comments(0)