縄文パノラマビュー 2015年5月18日

c0069380_12211909.jpg
HPみんなの縄文に、クレーンから眺める絶景として

縄文パノラマビューが紹介されていた。

青森の三内丸山遺跡に、イベントのとき

登場するのが、クレーン車。

高さ10メートル以上の高さから、三内丸山遺跡の

周辺を眺められる。


これには、実は、重要な意味がある。

三内丸山の時代、高さ10メートルの六本柱が、

そびえていたといわれる。

この6本柱は、神殿だったのか物見やぐらだったのか

いまだに、いろんな意見がある。


論より証拠、10メートルの高さから、

遺跡とその周辺をみて、縄文の時代に思いをはせていただきたい。

はるか北、むつ湾のむこうには、恐山が、

火山の煙を吐いていたことだろう。

南には、岩木山が望め、

東には、八甲田と東岳が望める。

八甲田も煙を吐いていたかもしれない。


三内の地に、巨大集落を築いたのは、

これらの山々に対する畏敬の念が

あったのは、おそらく間違いないだろう。


あなたも、縄文パノラマビューで、

縄文人の世界観に思いをはせてみたら?

(ただ、パノラマビューは、イベントのとき、

登場するので、事前に、要確認です。)

注)この情報は、「みんなの縄文」にも、載っています。
    「みんなの縄文」http://www.jomonjin.net

お読みいただいた記念にランキングをクリックしてください。
人気blogランキングへ
 








[PR]
by kitanojomonjin | 2015-05-18 12:35 | 縄文 | Comments(0)