山本記者の「ボケてたまるか!」2015年4月30日

c0069380_15480531.jpg
週刊誌の記者・山本さんが、

「ボケてたまるか!」という本を出した。

最近は、テレビに出演して、自分の体験を話している。

62歳の山本さんは、記事のメモを書いているとき、

漢字が書けなくなって、全部、ひらがなになったり、

カタカナになったりし始めたという。

おかしいなと思っていると、取材の約束の

ダブルブッキングをするという事件が起きた。

心配になって、病院に行ってみると、

認知症予備軍だという。

このまま放置すると、1年以内に本格的な

認知症になるかもしれない。

ここから、リハビリをやったり、悪戦苦闘が始まる。

他人事ではない。

身につまされる話である。

ちなみに、山本さんは、リハビリの成果か

現在は、だいぶ快方に向かったとか。

ホッ。

お読みいただいた記念にランキングをクリックしてください。
人気blogランキングへ







[PR]
by kitanojomonjin | 2015-04-30 16:03 | 人生 | Comments(0)