渋谷のロゴスキー 2015年3月31日

c0069380_14211565.jpg
c0069380_14213996.jpg
c0069380_14220236.jpg
渋谷の東急プラザが、3月22日、閉館した。

昭和40年以来だから、49年の歴史があるという。

東急プラザといえば、9階のロシヤ料理「ロゴスキー」が

忘れられない。

そもそもは、昭和26年、渋谷マーケットのごみごみした一角の

間口1間半、奥行き1間の小さな店が、スタートだったという。

店の名は、今は亡き初代が、軍人時代よく行った

満州のハルビンのロシヤ料理店「ロゴジンスキー」の名前を縮めて、

「ロゴスキー」とつけたのだとか。

なんと、戦後の渋谷駅前マーケット以来の歴史があるとは、知らなかった。

(この顛末は、ロゴスキーのホームページ「渋谷ロゴスキー物語」に詳しい。)



かくして、ロゴスキーは、

昭和40年、東急プラザが、オープンして以来、

9階に店を構え、人びとに、愛されてきた。


次に、どこに店を開くかは、

まだ決まっていないという。

ひとつの渋谷の思い出の歴史に、

ピリオドが打たれたことは、間違いない。

お読みいただいた記念にランキングをクリックしてください。
人気blogランキングへ




[PR]
by kitanojomonjin | 2015-03-31 14:41 | 人生 | Comments(0)