縄文ミュージシャン・宮崎龍美さん 2005年7月27日

c0069380_19141548.jpg

(台風一過・ブロギニストの散歩道から)

青森県の森田村に、石神遺跡という縄文の遺跡がある。
岩木山を間近に望むこの遺跡から大量の円筒土器が
出土している。

この円筒土器に皮を張って、縄文太鼓と名付けて演奏して
いる人がいると聞いて会いに行ったことがある。
それが、宮崎龍美さんとの初めての出会いだった。

その宮崎さんが、ひょっこり東京の縄文塾に姿を
あらわしたのは、4年前のことだった。
そのとき、イタドリの茎で作った笛を持参していた。

その笛の響きは、不思議な魅力を持っていた。

今年も、8月20日(土)に、三内丸山遺跡で
お月見縄文祭が開かれる。
そこのワークショップで、今年も宮崎龍美さんが
縄文の音楽について、演奏とお話をしてくれる
ことになっている。
今年で、三回目になるが、毎年親子連れに大人気である。

宮崎さんの新たな縄文の音楽の世界に出会うのが、
今から楽しみである。


お読みいただいた記念にランキングをクリックしてください。
人気blogランキングへ
[PR]
by kitanojomonjin | 2005-07-27 19:38 | 縄文 | Comments(0)