山口淑子の「歩きましょう」 2015年1月25日

c0069380_207983.jpg


先日、ラジオで、

山口淑子の「歩きましょう」という歌を聞いた。

「歩きましょう 歩きましょう

 どこまでも

 この道は くらくて さみしい 冬の道

 霜夜 星が ひとつ 光ってる

 わたしたちの しあわせの 青い星」


いつのころからか、

人生とは、街灯をたどりながら

暗い夜道を歩くようなものと思い定めていた

自分にとって、

この歌は、青い星という光明も、ありうることを

教えてくれる。

それにしても、波乱万丈の人生をたどった

山口淑子は、どんな思いで、この歌を歌ったのだろう。

山口淑子の歌の中でも、特異な位置にあるような気がする。

不思議に、心にしみ入る歌である。

お読みいただいた記念にランキングをクリックしてください。
人気blogランキングへ
[PR]
by kitanojomonjin | 2015-01-25 20:19 | 人生 | Comments(0)