アフリカのマーラー 2015年1月5日

c0069380_13355838.jpg


朝焼けを見ていると、

先日、ラジオで聞いた佐藤芳之さんの

話しを思い出す。

佐藤さんは、アフリカのケニアで活躍する

75歳の日本人実業家。

ナッツの事業で大成功をおさめたという。

佐藤さんの一番好きなことは、

アフリカの草原で、マーラーを聴くこと。

たしかに、マーラーの音楽は、広がりと異次元を

感じさせる。

アフリカの草原に負けないくらい、日本の朝焼けの光景にも、

よく似合う。

とくに、交響曲第5番と第9番。


佐藤さんが、紹介したマンデラのことばも、

忘れられない。

「自由への道は単なる政治的な民主化で終わることなく、

万人が参画する人間中心の社会の建設を

目指して継続する」

最後は、マンデラのこんなことばで、締めくくられた。

「人は、他人のために行動を起こした時こそ

本当の人間になる」


味わい深いことばだ。

お読みいただいた記念にランキングをクリックしてください。
人気blogランキングへ
[PR]
by kitanojomonjin | 2015-01-05 13:48 | 人生 | Comments(0)