福田みどりさん 2014年11月15日

c0069380_13113819.jpg


司馬遼太郎夫人・福田みどりさんが、

お亡くなりになった。

東大阪の司馬邸で、お葬式があった。


葬儀委員長の松原正毅さんの弔辞が

こころに響いた。

「作家司馬遼太郎とは、

司馬さんとみどりさんの共同制作であるということ」

(それほど、みどりさんの支えた役割は

大きかった。)

弔辞の最後は、こんなことばで、

締めくくられた。

「芳醇なブランディーのようないい時間をありがとう」

みどりさんは、いつも周りの人に気遣いをし、

ここちよい時間を与えてくれた。


ところで、久しぶりに、

司馬邸を訪ねて、ひとつ気の付いたことがあった。

玄関から、応接間まで、ぎっしり司馬さんの蔵書で

埋め尽くされているのだが、

その中に、福沢諭吉全集の側に、

陸羯南全集が収められていた。

司馬さんは、明治の言論人・陸羯南を

しっかりと位置づけていらしゃたのだということを

改めて、確認させられた。


お読みいただいた記念にランキングをクリックしてください。
人気blogランキングへ
[PR]
by kitanojomonjin | 2014-11-15 13:23 | 人生 | Comments(0)