昭和天皇と映画 2014年9月12日

c0069380_12455436.jpg


昭和天皇実録が、

公表されて話題になっている。

その中で、毎日新聞が、

「陛下は映画好き?」と題して、

天皇のごらんになった映画をたどっているのが、

面白かった。(2014年9月9日付・毎日新聞)


「モロッコ」とか、チャップリンの「街の灯」に

並んで、

木下惠介監督の「陸軍」も入っていた。

戦争の押し詰まった1944年12月23日のことである。


「陸軍」は、一見、国威発揚の映画のようだが、

そのラスト。

田中絹江の母親が、出兵する息子の行進を

えんえん追いかける有名なシーンがある。

母親の悲しみが伝わってくる。


このシーンを昭和天皇は、どんな気持ちで

ごらんになったのだろうか。

お読みいただいた記念にランキングをクリックしてください。
人気blogランキングへ
[PR]
by kitanojomonjin | 2014-09-12 12:56 | 人生 | Comments(0)