さよならペコロスの母 2014年9月3日

c0069380_1201888.jpg


先日の東京新聞に、

ペコロスのお母さんが、

お亡くなりになったという記事が出ていた。

(2014年8月26日付)

認知症の母と息子の日常を描いた

マンガ「ペコロスの母」は、

映画にもなった。

その母のモデルである岡野光江さんが、

8月24日、長崎市のグループホームで、亡くなったという。

91歳。

記事には、「老衰のため」とあった。

90以上になると、老衰とひとくくりに

されるのだろうか。

その死を迎えるとき、

人は、千差万別である。

老衰という2文字で処理された裏に、

奥深い人生があったはずだ。

冥福を祈ります。

お読みいただいた記念にランキングをクリックしてください。
人気blogランキングへ
[PR]
by kitanojomonjin | 2014-09-03 12:10 | 人生 | Comments(0)