まほろんの展示会 2014年7月26日

c0069380_1131244.jpg
c0069380_11313064.jpg


菊池徹夫先生から、

いま、まほろんで開催されている

展示会を教えてもらった。


「法正尻遺跡と三内丸山遺跡」

福島県猪苗代町の法正尻(ほうしょうじり)遺跡と

青森県の三内丸山遺跡を比較する展示会だという。


どちらも、縄文時代中ごろの遺跡。

東北地方の北と南に分かれているが、

ヒスイの玉と土偶が出土している共通点がある。


ただし、三内丸山遺跡のヒスイは丸く、

法正尻遺跡のヒスイは楕円形をしている。

土偶も微妙に違う。


これについて、まほろん館長の菊池徹夫先生のお話しが

面白かった。

「この違いは、土地によって、方言が違うようなものです。」

なるほど。


この展示会は、9月15日まで

福島県白河市にある「まほろん」で開催されている。

(入場無料 ただし、8月25日(月)、9月1日(月)、9月8日(月)休み)

連絡先)まほろん(福島県文化財センター白河館)
    tel.0248-21-0700


お読みいただいた記念にランキングをクリックしてください。
人気blogランキングへ
[PR]
by kitanojomonjin | 2014-07-26 11:43 | 縄文 | Comments(0)