みんなの縄文 2014年7月15日

c0069380_1395532.jpg

c0069380_13133531.jpg


HPみんなの縄文が、スタートしてから、

今月で丸2年になる。

いつみても、

表紙の萩尾望都さんの漫画には、

ほのぼのとさせられる。

内容は充実し、今や

日本中の縄文イベントの重要な

情報源になっている。


ちなみに、最新号の冒頭は、

7月21日(月・祝)に迫った

東京縄文塾のご案内。

「まほろんで子供たちと縄文を考える」と題して、

菊池徹夫先生が、お話になる。

2011年3月、早稲田大学教授をリタイアされた

菊池先生は、まほろんの館長になられた。

まほろんとは、福島県文化財センター白河館の通称。

東日本大震災で、破壊された考古を中心とする

文化財の修復・復元にあたってこられた。

そこで見たものは?

この3年間の思いを存分にお話しいただく。


7月21日(月・祝)15時~17時半
 
 東京・築地 朝日新聞本社本館 2F読者ホール

関心のあるかたは、どなたでも

大歓迎です。

問い合わせ先
  npo法人三内丸山縄文発信の会
    tel.017-773-3477

注)詳細は、「みんなの縄文」http://www.jomonjin.net

お読みいただいた記念にランキングをクリックしてください。
人気blogランキングへ
[PR]
by kitanojomonjin | 2014-07-15 13:10 | 縄文 | Comments(0)