竹山ひとり旅 2014年7月14日

c0069380_11592580.jpg


俳優・林隆三が、先月、70歳で亡くなった。

林隆三が主役の映画「竹山ひとり旅」を

あらためて、DVDで見た。


津軽三味線の高橋竹山の半生記だが、

見事に、奔放な林隆三の竹山になっている。


ラストがいい。

ひとりの男が、訪ねてくる。

「高橋さん。

成田竹雲です。

わたしのために、三味線を弾いてください。」

以後、高橋竹山は、当時の民謡の第一人者・成田雲竹の伴奏として

新しい人生をはじめる。


この成田雲竹役が、佐藤慶であった。

実に、存在感のある役者である。

彼も、80歳でとっくに亡くなっている。


林隆三をはじめ、

監督新藤兼人・乙羽信子・佐藤慶・川谷拓三など

この映画に関連する人間のほとんどはすでにない。


それにしても、林隆三の死は、

あまりにも惜しい。





お読みいただいた記念にランキングをクリックしてください。
人気blogランキングへ
[PR]
by kitanojomonjin | 2014-07-14 12:24 | 旅の街角から | Comments(0)