武道の「残心」 2014年5月23日

c0069380_11514379.jpg


先日、ラジオで

剣道や弓道の日本古来の武道に

「残心」ということばがあると紹介されていた。

お話になったのは、剣道7段の外国人だから驚き。

広辞苑には、

「剣道で撃突した後、敵の反撃に備える心の構え」

あるいは、

「弓道で矢を射放した後の反応にこたえる構え」

だから、剣道で撃突したあと、

ガッツ・ポーズをしてはならないのだという。

そういうことなのか。

知らなかった。

日本の武道は、まだゲームというより、

武士の戦いの精神を

引き継いでいるということらしい。

相撲で、ガッツ・ポーズが違和感があるのも

この関連だろうか?

お読みいただいた記念にランキングをクリックしてください。
人気blogランキングへ
[PR]
by kitanojomonjin | 2014-05-23 12:01 | 人生 | Comments(0)