五日市憲法草案 2014年5月3日

c0069380_15152197.jpg


憲法記念日のきょう、

毎日新聞が、「五日市憲法草案」を

企画記事で、紹介していた。


自由民権運動の時代、全国で、競って

数多くの独自の憲法草案が作られた。

その中でも、明治14(1881)年の

五日市憲法草案は、人権感覚では、

現憲法にも引けを取らない草案として

有名である。


この発見のいきさつが、面白い。

1968年、五日市町(現あきるの市)の民家の

蔵の中から、発見されたという。


この草案を書いたのは、

宮城県出身で、当時小学校の教諭をしていた

千葉卓三郎と地元の農民有志だった。

まだ、憲法が手の届く距離に感じられた時代だった。


日本の民権運動のこころざしの高さは、

注目に値する。


お読みいただいた記念にランキングをクリックしてください。
人気blogランキングへ
[PR]
by kitanojomonjin | 2014-05-03 15:23 | この国のかたち | Comments(0)