昭和最後の秋のこと 2014年5月1日

c0069380_12273115.jpg


「昭和最後の秋のこと」という

歌を聞いた。


歌は、森進一。

作詞・阿久悠 作曲・浜圭介。


「貧しさもつらくない

四畳半にも夢がある」

で、はじまり、しばらくして、

グサリとこんな歌詞になる。


「死にましょうか 生きましょうか

生きましょう 生きましょう」


さらに、こんなふうに締める。

「昭和最後の秋のこと

雨にうたれる彼岸花

震える愛が 震える愛が まだあった」


不思議に、懐かしい歌である。

昭和の日にちなんで、

ラジオで流していた。


1999年に、作曲された歌が、

最近また人気を集めているという。


お読みいただいた記念にランキングをクリックしてください。
人気blogランキングへ
[PR]
by kitanojomonjin | 2014-05-01 12:37 | 人生 | Comments(0)