吉野の桜葬 2014年4月28日

c0069380_12443365.jpg


先日、吉野に行ったとき、

偶然もらったチラシ。

吉野の如意輪寺で

「桜葬」をするという。

桜葬とは、

「桜の木を墓標として

遺骨を直接土の中に埋め、

石碑を建てない自然葬」だという。

(しっかり、それなりの料金が発生するらしい。)


そういえば、

有名な西行の和歌があった。

「願わくば 花の下にて 春死なん

その如月の 望月の頃」

きっと、あこがれるひとも多いことだろう。


でも、吉野の山奥に埋葬されるよりは、

せっかくなら、弘前の公園の中が、

にぎやかでいいかなと思ったりする。

(弘前公園では、桜葬はやっていないが。)


たまたま、友人の訃報が、届いた日。


お読みいただいた記念にランキングをクリックしてください。
人気blogランキングへ
[PR]
by kitanojomonjin | 2014-04-28 12:52 | 旅の街角から | Comments(0)