アランのことば「悲観と楽観」 2014年2月28日

c0069380_12353981.jpg


朝、とんでもなく早く眼を覚まして、

とても、悲観的に落ち込むことがある。

ところが、太陽が出ると、

急に、「なんとかなるさ」と

楽観的になる。

この落差は、なんだろう。


フランスの哲学者アランの

ことばに、こんなのがあるという。

「悲観主義は気分のものであり、

楽観主義は意志のものである。」


夜明け前の究極の悲観から、究極の楽観へ

のブランコ。

それは、「気分」と「意志」に関係しているのだろうか?

悲観とは、「意志」が覚醒するまえの

本能的な「気分」の領域なのかもしれない。


お読みいただいた記念にランキングをクリックしてください。
人気blogランキングへ
[PR]
by kitanojomonjin | 2014-02-28 12:45 | 人生 | Comments(0)