遠藤彰子展 2014年1月29日

c0069380_12415093.jpg
c0069380_1242889.jpg


先日、上野の森美術館に

遠藤彰子展を見にいってきた。

最終日のせいだろうか?

大勢の観客が。

カタログも、売り切れ。

盛況である。

1980年代、

ゆがんだ街で、子どもたちが

疾走するテーマが多かった。

いま、改めてみると、

それは、平成のふつうの現実のように

見えて、最初の衝撃は、

あまり感じられない。

現実が、彼女の絵に追いついたのか?


その後、彼女の絵のテーマは、

「ゆがんだ街」から、

「天空」へ「大海原」へと広がり、

渦をなす大群衆が、描かれるようになった。


なぜかひとびとの表情は、

おだやかで、恍惚感にあふれている。

なにか宗教的な世界すら感じさせられる。

ミケランジェロの21世紀版のような感もある。


あいかわらず、彼女のエネルギーは、

とどまるところを知らない。


お読みいただいた記念にランキングをクリックしてください。
人気blogランキングへ
[PR]
by kitanojomonjin | 2014-01-29 12:51 | この国のかたち | Comments(0)