村上海賊の娘 2014年1月25日

c0069380_12155629.jpg


和田竜の「村上海賊の娘」上・下巻を

読んだ。

すこぶるつきに、面白い。

瀬戸内海の海賊衆・村上水軍のなかに、

女の海賊がいたという想定で展開する

海洋大スペクタクルである。

といっても、まったくの架空ではなく、

可能な限り史実をふまえている。

本願寺を包囲する織田軍に対して、

村上海賊が、兵糧を届ける

いわゆる木津川合戦が、

中心である。

陸の武士とはひと味もふた味も違う、海賊の気分が

実によく描かれている。


なによりも、

息付く暇がない海戦の描写に圧倒される。

おすすめ。


お読みいただいた記念にランキングをクリックしてください。
人気blogランキングへ
[PR]
by kitanojomonjin | 2014-01-25 12:23 | この国のかたち | Comments(0)