武蔵野の自然の最後の面影 2013年11月25日

c0069380_12341572.jpg

c0069380_12345184.jpg


二子玉川の静嘉堂文庫のそばに、

うっそうとした林と小川があり、

鴨が、気持ちよさそうに遊んでいた。


看板があって、

「武蔵野の自然の面影」を残す最後の

場所に連なるという。

「国分寺崖線(がいせん)」という

聞きなれないことばが、書かれていた。

説明によると、

立川市の北東に始まり、国立、国分寺市を

通って、世田谷の等々力へと続く

高さ10メートルから20メートルの崖のことを

「国分寺崖線」という。

要するに、多摩川の流れが、長い歴史のあいだに

生み出した河岸段丘のことらしい。



崖の下は、野川が流れ、二子玉川で、多摩川に合流している。

以前、よく歩いていた野川と密接な関係があるというのだ。

知らなかった。


この「武蔵野の最後の自然」である「国分寺崖線」を

いずれゆっくりたどってみたいものである。


お読みいただいた記念にランキングをクリックしてください。
人気blogランキングへ
[PR]
by kitanojomonjin | 2013-11-25 12:44 | 旅の街角から | Comments(0)