幕末の北方探検家・松浦武四郎 2013年11月18日

c0069380_1045318.jpg
c0069380_10463485.jpg


前々から、一度訪ねたいと思っていた

二子玉川の静嘉堂文庫美術館へ行ってきた。


ちょうど、幕末の北方探検家・松浦武四郎の

展覧会をやっていた。


松浦武四郎といえば、北海道という名を命名した

人物としても知られる。

その晩年に、画家の河鍋暁斎に依頼して描かせたという

「武四郎涅槃図」というのが

面白かった。

釈迦の臨終の涅槃図になぞらえて、

中央にいるのが、

武四郎自身。

自分が亡くなった時、

駆けつけるさまざまなものを描き出している。

空には、浮世絵の美人たち。

足元には、郷土玩具たちも。

ほんとうに、趣味に生きた自由人だなあと

感心させられる。

お読みいただいた記念にランキングをクリックしてください。
人気blogランキングへ
[PR]
by kitanojomonjin | 2013-11-18 10:53 | 旅の街角から | Comments(0)