虎ノ門金比羅宮の聖獣たち 2013年10月19日 

c0069380_1354714.jpg
c0069380_13544139.jpg


大倉集古館に行く途中、

ビルの谷間に、ひっそりと

虎ノ門金比羅宮が建っていた。


江戸時代初期の創建で、四国の金比羅宮と

かかわりがあるらしい。


その正面の鳥居の柱に、左右2体ずつ、

不思議な動物がくっついている。

左側には、龍と亀。

右側には、鳳凰と獅子のような獣。

説明書を読むと、

それらは、青龍・玄武・朱雀・白虎の聖獣で

四神を表しているという。

鳥居の柱に、くっついているのは、はじめて見た。

方角の神を祀るのは、航海の安全を

祈ってのことだろうか?

なかなか興味深い。


お読みいただいた記念にランキングをクリックしてください。
人気blogランキングへ
[PR]
by kitanojomonjin | 2013-10-19 14:04 | 旅の街角から | Comments(0)