伊東忠太の動物・大倉集古館 2013年10月15日

c0069380_11345648.jpg


虎ノ門の大倉集古館に、行って来た。

ここも、関東大震災のあと、

建築家・伊東忠太の設計による。

そして、ここにも、忠太お好みの動物たちが。

屋根の上には、吻(ふん)という中国伝来の幻の獣が。

室内の階段のところには、阿吽の獅子が、仲良くいる。

阿吽の獅子が対になって、隣り合わせにいるのは、

ちょっと意表を突かれる。


もっと驚いたのは、この大倉集古館の発注主の

大倉喜八郎なる人物。

北陸出身の実業家で、江戸に出て、

鰹節屋・鉄砲業などで、財を成していく。

なんと、あの札幌の「大倉山シャンツェ」は、

この喜八郎が、そっくり寄贈したものだという。

知らなかった!


お読みいただいた記念にランキングをクリックしてください。
人気blogランキングへ
[PR]
by kitanojomonjin | 2013-10-15 11:51 | 旅の街角から | Comments(0)