ペコロスの母に会いに行く 2013年8月27日

c0069380_15172042.jpg


いま、「ペコロスの母に会いに行く」という

漫画を読んでいる。

長崎のミニコミ誌の編集者が、

母親と自分をモデルにした漫画。

施設に入って、認知症の進行している

89歳の母親と、

62歳の息子・雄一とのほのぼのとした

交流が描かれている。


母親は、息子にしみじみ言う。

「なあユウイチ

うちがボケたけん

(亡くなった)父ちゃんが

現れたとなら

ボケるとも

悪か事ばかりじゃ

なかかもしれん」


詩人の伊藤比呂美さんが絶賛している。

長崎弁の味がいい。

お読みいただいた記念にランキングをクリックしてください。
人気blogランキングへ
[PR]
by kitanojomonjin | 2013-08-27 15:28 | 人生 | Comments(0)