パリのジャパンエキスポに縄文アートが 2013年6月28日

c0069380_15251016.jpg


7月4日から7日まで、

パリで開かれるジャパンエキスポの

ブースに、「縄文アート」が出品されるという。

(2013年6月27日付・東奥日報)

出品される作品のひとつ。

「合掌土偶2」

もともと、合掌土偶は、

縄文人のお産(座って生むお産の姿)を

表しているといわれる。

そのスタイルで、青森のシンボル・リンゴを

抱えているのは、

なかなか面白い。

パリのひとびとは、どんな反応を示すだろうか?


お読みいただいた記念にランキングをクリックしてください。
人気blogランキングへ
[PR]
by kitanojomonjin | 2013-06-28 15:30 | 縄文 | Comments(0)