世にも不思議なはなし 2013年6月15日

c0069380_11504179.jpg


先日、青森の東奥日報紙で

じつに、不思議な記事を読んだ。

(2013年6月12日付)

今年4月、東日本大震災で犠牲になった

女性の遺骨が、2年ぶりに、いとこのもとに届いた。

その身元を特定するきっかけは、

10年前に送られてきた手紙の切手だった。

手紙の切手に付いた口内の細胞で、身元が

わかるケースがあると聞いて、

警察に持ち込んだところ、

DNA鑑定で、身元が判明したというのだ。


いずれにしても、行方不明のいとこを

探したいという強い思いが、

奇跡のような結果を生んだことになる。

お読みいただいた記念にランキングをクリックしてください。
人気blogランキングへ
[PR]
by kitanojomonjin | 2013-06-15 11:59 | 人生 | Comments(0)