河井寛次郎のことば 2013年5月10日

c0069380_12583820.jpg


森浩一さんの「考古交友録」の

あとがきに、森先生が

お書きになっていた。

京都で陶芸を追求していた

河井寛次郎のつぎの言葉を

80歳を越えた今も、肝に銘じて

かみ締めていると言う。


「新しい自分が見たいのだ。

仕事する。」


そうだ。

京都へ行ったら、久しぶりに

河井寛次郎記念館を

たずねてみよう。

河井寛次郎は、板画家・棟方志功の

精神的な先生でもあった。

お読みいただいた記念にランキングをクリックしてください。
人気blogランキングへ
[PR]
by kitanojomonjin | 2013-05-10 13:05 | 人生 | Comments(0)