日本列島地震の2000年史 2013年4月17日

c0069380_11354563.jpg


3.11の東日本大震災のあと、

歴史学者は、過去の地震の記録と

どう取り組めばいいのか?

17人の歴史学者が思いを語っている。

たとえば、東北大の准教授・佐藤大介さんは、

「日本の各地に残る歴史資料には、

古来からの防災・減災技術や、その背景にある

自然観に関する情報が豊富に残されている。

それらを、自然のメカニズムや工学技術を

熟知する理系の研究者と共有できれば、

『先人の知恵』を科学的な裏付けをもつ

『活きた情報』として現代によみがえらせることが

できる。

そのことは、災害を『いなす』防災対策の

手がかりとして、

現在や未来の人々の生命と財産の保護に

直結するのである。」(P52)


歴史学者と理系の研究者が、タッグを組んで、

災害を『いなす』防災対策を

考えるというのは、なかなか面白い。


お読みいただいた記念にランキングをクリックしてください。
人気blogランキングへ
[PR]
by kitanojomonjin | 2013-04-17 11:59 | この国のかたち | Comments(0)