板状土偶の不思議 2013年3月18日

c0069380_122833.jpg


三内丸山遺跡出土品のなかで、

「縄文のポシェット」と並んで

人気なのが、「板状土偶」である。

まず、胴体と頭部が、

50メートル以上もはなれた

べつべつのところから、発見されている。

祭祀にからんでいると言われるが、

不思議である。



一番の不思議は、

口に穴があいていて、その穴がたてに

貫通していることである。

機会があったら、よくごらんになるとわかる。

普通は、消化器系の穴だと思われるが、

そうでない可能性も考えられる。

こどもが生まれる穴かもしれない。

縄文人が、消化器系の穴と

そうでない系統の穴をどれだけ区別していたか?

特に、土偶は、女性を表現しているといわれるから、

なおさら謎が深まる。

お読みいただいた記念にランキングをクリックしてください。
人気blogランキングへ
[PR]
by kitanojomonjin | 2013-03-18 12:28 | 縄文 | Comments(0)