縄文ファイル201号 2012年7月11日

c0069380_124838.jpg


縄文ファイルの最新号が届いた。

201号である。

今まで、毎月だったものが、

今回から2ヶ月に一回の発行。

その代わり、内容も充実して入る。

新しいコラムも始まった。

「くらし縄文人」

「じょうもん堂書店」

「縄文との出会い」

期待が持てる。


ところで、けさ9時30分からの

ラジオで、「あおもり草子」の編集長の

佐藤史隆くんが、

「あおもり草子」最新号の紹介をしていた。

特集は、「奥津軽の玄関口 五所川原」

縄文から奥津軽まで、津軽は、実に奥が深い。

お読みいただいた記念にランキングをクリックしてください。
人気blogランキングへ
[PR]
by kitanojomonjin | 2012-07-11 12:55 | 縄文 | Comments(0)