渡辺謙 IN ダボス 2012年1月27日

c0069380_11514217.jpg


東京新聞に、渡辺謙の

スイスのダボス会議でのスピーチの内容が

紹介されていた。

(2012年1月26日付)

まず、絆について話し始める。

「『絆』、漢字では半分の糸と書きます。

半分の糸がどこかの誰かと

つながっているという意味です。」


「多くの国から支援者が来てくれました。

絆は世界ともつながっていたのです。

『絆』は、すべてが流されてしまった荒野に

残された光だったのです。」


ここで、原子力にふれる。

「『原子力』と言う、人間が最後まで

コントロールできない物質に頼って

生きて行く恐怖を味わった今、

再生エネルギーに大きく舵を取らなければ、

子供たちに未来を手渡すことは

かなわないと感じています。」


最後に、このように結んでいる。

「心から笑いながら、支えあいながら

生きていく日本を、皆さまに

お見せできるよう努力しようと

思っています。」


お読みいただいた記念にランキングをクリックしてください。
人気blogランキングへ
[PR]
by kitanojomonjin | 2012-01-27 12:04 | この国のかたち | Comments(0)