内藤湖南への旅 2011年12月24日

c0069380_17222190.jpg


粕谷一希の「内藤湖南への旅」を

読んだ。

稀代の中国学者・内藤湖南の郷里は

十和田湖畔、毛馬内(現・十和田町)であった。

湖南とは、十和田湖の南からとった号だという。


湖南は、前から気になっていた人物である。

こんなくだりが、面白かった。


「湖南の陽性な社交好きは、

湖南の生涯と業績を振り返る際に、

楽しさを倍化させる性格を持っている。」


湖南は、晩年、関西の山荘に引きこもった。

湖南は、関西本線の加茂駅を

降りて歩いてくる人々を山荘の二階から

望遠鏡で観察し、何時ころ、

誰がやってくるといってソワソワしていたという。

このエピソードから、実に、愛すべき湖南の

人となりがわかる。

この湖南が、高橋健三の秘書を勤めていた。

この高橋という傑物を通じて、陸羯南とも

交友があった。

残念ながら、湖南と羯南との間の直接のエピソードには、

いまだめぐり合っていない。

でも、同じ東北人で、人懐こい湖南と、

話好きの羯南の間には、濃い交流が

会ったはずにちがいないのだが。


お読みいただいた記念にランキングをクリックしてください。
人気blogランキングへ
[PR]
by kitanojomonjin | 2011-12-24 17:41 | 人生 | Comments(0)