羊蹄丸その後 2011年12月19日

c0069380_11481189.jpg


先日、津軽に帰っていたら、

羊蹄丸のその後について、

耳寄りの話が、新聞に載っていた。

(東奥日報・2011年12月16日付)

東京・お台場の「船の科学館」にあった

羊蹄丸が、9月松で店じまいした。

そこの「青函ワールド」が、抜群に

面白い。

昭和30年大の青森駅前のりんご市場や

魚菜市場、連絡線の待合室などが

等身大の人形をつかって忠実に再現されている。

近づくと、ぶつぶつと津軽弁のつぶやきが

きこえるというこったものである。

いま、この「青函ワールド」を青森港に停泊している

八甲田丸に、移設できないかという

話が、持ち上がっているという。

予算の問題とか、実現するのに、まだまだ

乗り越えなければいけない課題は

ありそうだが、なんとか実現してほしいものだ。

とにかくよくできているし、楽しいものなのだから。

お読みいただいた記念にランキングをクリックしてください。
人気blogランキングへ
[PR]
by kitanojomonjin | 2011-12-19 12:02 | 人生 | Comments(0)